一般財団法人弘潤会 健診センター
文字サイズ 小 中 大
お知らせ
人間ドッグ案内
理念基本方針
コース案内
人間ドック・健康診断の料金
受付・利用時間
施設案内
初めてご利用の方へ
検査内容案内
よくある質問
各施設リンク
弘潤会
野崎病院
野崎東病院
シルバーケア野崎
検診センター
アスレティックリハビリセンター
デイサービス はつらつ佐土原
グループホームほのぼの小松
小規模多機能ホーム 芳士
グループホームほのぼの天満
小規模多機能ホームゆらり青葉
小規模多機能ホームゆらり小松
友愛の里
医療法人青葉会
社会福祉法人広和会
アクセスマップ
医療機関の方へ

NSF(nephrogenic systemic fibrosis);腎性全身性線維症
 

MRI用造影剤ガドリニウム製剤による新たな副作用に関する当院での対応について

 

平素より大変お世話様になりまして誠にありがとうございます。

さて近年、急性腎不全や慢性腎不全など腎機能障害を有する患者にGd製剤を使用した症例において数パ-セントの確率で発症すると言われているNSFという新な副作用が問題となっています。
 日本放射線学会では安全情報という形で注意を喚起してるところで明確なガイドライン等はまだ決まっておりませんが、当院としても何らかの対処が必要と考えています。

 対処法の一つとしてNSFの発生確率の低いと言われている造影剤を採用致しましたが、これに関してもNSFの発症がゼロではなく、また悪心、嘔吐などの副作用頻度がやや高いという意見もありひとつの造影剤に絞って使用するには至っておりません。
従いまして、当面は造影検査が必要な症例には事前に腎機能(血清クレアチニン)を測定していただき、これをもとに当方で換算表からeGFRを調べることに致しており、eGFR60以下の患者様については造影検査を控えさせていただきたいと考えております。

 つきましては、大変ご面倒をお掛けいたしますが、腫瘍や強い炎症性疾患などにて造影検査が必要と思われる症例に関しては、紹介状に血清クレアチニン値を記載して頂くか検査伝表のコピーなどを添付していただければ幸いに存じます。

 他院とは対処法が異なるかもしれませんが、統一したガイドラインが決定されましたらその時点で、再度情報提供させて頂きたいと存じます。

 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
野崎病院画像診断センター
浅田 敬子

MRI検査とは (MRI=Magnetic Resonance Imaging)
 
 MRI検査は、強力な磁石と電波を使って体内の臓器や血管を検査するもので、検査によって得られたデータをコンピューターで解析して画像化します。

  様々な病変を発見できますが、特に脳、脊椎、四肢、腹部(肝臓、膵臓など)、婦人科領域(子宮、卵巣、乳房など)、前立腺などの病変に優れた描出能を持っています。

当院のMRI検査の特徴(米国製、Signa HDe)
1. 高画質の画像が短時間で提供できます。(何がどれ位?目安参考値がほしい)
2. MRI検査にて撮影中の頭部の動きによるブレの影響を最小限に抑えた画像を提供できます。
3. 腹部検査(MRCP)では、非造影下における血管及び胆管、膵管等が撮影できます。
4. 四肢検査では、手関節や足関節など小さな領域においてもより鮮明に描出できます。
5. 乳房検査では、両側乳房を同時に検査が行なえる拡散強調画像及びダイナミック撮影ができます。
6. 海馬傍回の萎縮程度を数値化する解析ソフト(VSRAD)を利用してアルツハイ マー病など認知症の補助診断に有用な検査が可能です。

頭部MRA:MIP画像
データ提供先:佼成病院
 
>>MRI画像を見る(PDFファイル:890KB)

※PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。 ADOBE READER

前のページへ戻る
ページの先頭へ
弘潤会トップページへ トップページへ戻る
一般財団法人弘潤会 健診センター
〒880-0916 宮崎市大字恒久5567番地 TEL 0985-54-8053 FAX 0985-53-7001
個人情報保護方針 サイトマップ
Copyright © 2007 koujunkai Foundation. All rights reserved.