一般財団法人弘潤会 野崎病院
文字サイズ 小 中 大
お知らせ
病院案内
  • 看護部
  • リハビリテーションセンター
  • 栄養科
  • 外来
  • 精神科作業療法室
  • 心理療法室
  • 臨床検査室
  • 薬剤科
診療科案内
外来案内
入院案内
よくある質問
認知症医療センター
関連施設
アクセスマップ
各施設リンク
O
a@
蓌a@
Vo[PA
fZ^[
AXeBbNnrZ^[
fCT[rX@͂‚y
O[vz[ق̂ڂ̏
K͑@\z[@Fm
O[vz[ق̂ڂ̓V
K͑@\z[—t
K͑@\z[菬
F̗
Ö@l—t
Љ@lLa
入院案内
病院案内
病院理念
患者さまの立場に立って良質な医療をめざします。

基本方針

  1. 患者さまの権利を尊重します。
  2. 地域の人々に信頼される医療を提供します。
  3. チーム医療と安全な医療に努めます。
  4. 研鑽を積み、医療の質の向上を目指します。

病院概要
名称 一般財団法人 弘潤会  野崎病院
所在地 〒880-0916 宮崎市大字恒久5567番地
電話 0985-51-3111・FAX 0985-51-3114
診療科目 精神科・心療内科・内科・放射線科・歯科・リハビリテーション科
許可病床数 精神療養病棟 180床
精神病棟入院基本料15:1 100床
認知症病棟入院料1 120床
療養病棟入院基本料1 60床
許可・認証
  1. 当院は、入院時食事療養(I)の届出を行っています。 管理栄養士又は栄養士によって管理された食事を適時(夕食については18時以降)、適温で提供しています。
  2. 当院は、次の施設基準に適合している旨の届出を行っています。

〈基本診療料〉

  • 精神療養病棟入院料
  • 精神病棟入院基本料15対1
  • 認知症治療病棟入院料1
  • 療養病棟入院基本料1
  • 看護補助加算2
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 退院調整加算
  • 救急医療管理加算
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携受入加算

〈特掲診療料〉

  • 精神科デイケア(大規模)
  • 精神科作業療法
  • 運動器リハビリテーション料(III)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(III)
  • 外来リハビリテーション診療料
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 画像診断管理加算2
  • 認知症専門診断管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療保護入院等診療料
  • クラウン・ブリッジ維持管理料(歯科)
看護体制 病棟15:1看護、10:1看護補助
施設基準等 精神科デイ・ケア、精神科作業療法、精神科訪問看護
給食の状況 入院時食事療養(I)
設備 運動・娯楽設備(卓球台他)・売店・理容室
 
沿革
昭和41年2月 医療法人白十字会 梅が丘病院設立(精神科)
昭和44年12月 病棟増床(98床)
昭和45年1月 病棟増床(215床)
昭和50年4月 財団法人弘潤会 野崎病院へ移管
昭和50年11月 内科を併設 内科病棟新設(120床)
昭和51年9月 診療科目の拡充
内科・消化器科・循環器科・呼吸器科・放射線科・精神科・神経科を置く
昭和52年12月 看護婦寮26室新築
昭和55年5月 内科病棟(鉄筋コンクリート4階建117床)
昭和56年8月 550床に増床
昭和61年8月 画像センターの開設
(MRI・X線・CT・腹部超音波診断装置・
無散瞳性眼底カメラ・電子顕微鏡)
昭和61年9月 作業療法室開設
昭和63年7月 本館新築
平成元年10月 リハビリテーションセンター増設
平成3年8月 GE社MRシグナ(1.5ステラ)を導入(MRI)
平成4年5月 老人デイケア開設
平成6年4月 健診センター
平成10年8月 内科117床を療養型病床群88床
ドック病床12床に変更
平成10年12月 西館(精神科棟)を新築
精神科433床を400床に変更
平成11年4月 通所リハビリテーション新築
平成11年8月 精神科デイケア開設
平成12年4月 居宅介護支援事業所開設
平成17年1月 精神科訪問看護を開始
平成17年7月 患者様の社会復帰促進のための共同住居(ウィステリア)開設
平成18年10月 共同住居(ウィステリア 弐番館)開設
平成19年12月 本館2階一部に心療棟が開設
平成20年4月 MRI更新-GE社 シグナHDe(1.5テスラ)型
平成20年8月 本館1階に医療・福祉・介護相談センター「かけ橋」が開設
平成21年1月 本館裏駐車場の一角に温浴療法施設「曽井泉」が開設
平成23年8月 特養転換のため介護療養病床40床を廃止
ドック(一般)病床12床を療養病床へ変更
内科88床が60床に変更
これにより許可病床数500床を460床に変更
平成23年12月 宮崎県より「認知症疾患医療センター」の指定を受ける
平成24年7月 日本医療機能評価機構による病院機能評価「審査体制区分3(Ver6.0)」を取得
平成25年9月 厚生労働省 協力型臨床研修病院指定
平成25年10月 日本精神神経学会 精神科専門医制度研修施設認定
平成25年11月 東館改装工事完了
 
院長挨拶
 当院は、昭和41年(当初は梅が丘病院)に、私の祖父が初めて病院経営に乗り出すきっかけとなりました思い入れの強い病院です。幼少期より野崎病院の片隅で、遊んだり勉強したりした想い出がございますが、現在では私の子供達がそのようにしている姿を感慨深く見ております。
 50数年、沢山の方々に支えられた歴史あるこの病院に未来を見せることが、私の使命だと思っております。

 今後も職員一丸となり、皆様に「野崎病院が好き!」と仰って頂けるような、あたたかい場所として、より一層地域に根差した医療に取り組んで参りたいと思っております。認知症疾患医療センターをはじめ、精神科、内科、画像診断、リハビリと、多岐にわたり皆様に感動をお届けできるのが「野崎病院!」と心して、今後も様々な取組をして参ります。
 誠心誠意をモットーに、皆様と日本のひなたである宮崎の医療をより良いものにして参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

院長 野﨑正太郎
 
部署紹介
    看護部 理念

私たちは、「心にそえる看護・介護」に最善をつくします。

基本方針
  1. 患者様のその人らしさ・持てる力を大切にした看護を行います。
  2. 患者様にやさしい言葉で説明をし、安心できる看護を行います。
  3. 患者様の尊厳を守り、安全の確保に努めます。
  4. 専門職として、学習を継続し、能力の拡大に努めます。
  5. お互いに協力し合い患者様中心のチーム医療に努めます。
    リハビリテーション
センター
リハビリテーション科では、理学療法士がそれぞれの患者様の状況に合わせた運動や体操・日常生活動作練習、言語聴覚士が発語や嚥下(飲み込み)に障害のある方に対して、機能の維持・向上を図るための練習や助言を行い、自分らしく楽しみを持った生活が送れるよう支援します。
    栄養科 行事食、バイキング料理を積極的に行ない、患者様の希望にそえるよう個人対応や、嚥下しやすい食事等も取り入れ入院中も患者様が快適で満足していただけるよう心掛けています。
    外来 気分がすぐれない、体がだるい、眠れないなどの心身の不調を感じていらっしゃる方。
お子様の発達のこと、学校での問題行動や不登校などでお困りの方。
家族が認知症や不眠などの症状でお悩みの方。

『女性医師による診療』
女性の方で「病気やいろいろなことで女性の医師がいれば相談したいけれど・・・」という方は受付にてお申出ください。
当院の精神科・心療内科では、女性医師が従事いたしております。

精神科を受診するとなると不安や抵抗が強いかもしれません。まずは気軽にお電話でご相談ください。
    精神科作業療法室 精神疾患により、生活に支障をきたした方に対し、その人の望む 意味のある作業(遊び、創作活動、日常生活、仕事的なもの)を もちいて、達成感、自己有能感、生活の意欲を高め、その人らしい生活を支援しています。

活動内容
・園芸 ・陶芸 ・院外への外出(ドライブ・遠足)
・スポーツ ・料理 ・手芸
・ゲーム ・買い物 ・リラクゼーション

設備
・調理室 ・木工室 ・陶芸窯
・畑 ・図書室 ・体育館
 
    心理療法科 心理療法科では、臨床心理士(臨床心理技術者)による面接や各種の心理検査などによって、その人をよく知り、どのような援助の仕方が適切であるかを総合的に判断します。
必要に応じて、心理カウンセリング、遊戯療法、箱庭療法、来談者中心療法、認知行動療法などの臨床心理学的専門技法を用いながら、こころの問題に対する援助を行います。
    臨床検査室 臨床検査室には、4名の技師が働いています。最新の大型機器3台と小型の機器数台を駆使しながら、日常業務を処理しています。
臨床検査は、科学的な生体情報を知る上で重要ですので、信頼できるデータをタイムリーに提供できるよう心掛けています。脱メタボリックを目指している皆様、ドック健診も充実していますよ。
    薬剤科
薬剤科の業務
薬剤科ではお薬に関する以下のような仕事を行っています。
お薬に関して疑問点がありましたら是非ご相談下さい。

1. 調剤業務
  医師の処方に基づき、薬の飲み合わせや薬の量などを監査して医療の質の向上に努めています。
2. 注射薬払い出し業務
  病棟で使用する注射薬の払い出しを行うとともに、監査をおこない医療安全の向上に努めています。
3. 服薬指導業務
  服用されるお薬の服用方法、効能、副作用、飲み合わせ、保管等に関する説明を行い医療の質の向上に努めています。
4. 製剤業務
  市販されていないお薬の効能、安全性等の検討を行い、製剤化しています。
5. 医薬品情報業務
  医薬品情報を院内に迅速に伝え医薬品適正使用に努めています。
6. 薬品管理業務
  医薬品の購入、在庫、管理を行い、適切な医薬品品質管理に貢献しています。
7. 麻薬、向精神薬、毒薬、劇薬管理業務
  法律に基づき保管、管理を行っています。

    本館

事務部

事務部一同皆さまとの対話を重視し、それぞれの皆様方に合った制度の利用や手続きについて丁寧な説明を心掛けております。
どうぞ、お気軽に声を掛けてください。

本館6病棟
私たちはストレス社会で疲れた心と体を癒すため個人の空間を大切に考えた環境の提供、楽しく入院生活を過ごして頂けるよう作業療法などを取り入れ、生活に潤いを提供するよう努めています。
本館7病棟
私たちは患者様個々が持つニーズに応じ個別性を理解しながら信頼関係の構築を図り、より良い治療環境が提供できるよう心掛けています。
医療福祉相談室
医療福祉相談室ではケースワーカー(精神保健福祉士)が、患者様やご家族の皆様からの社会的・経済的問題に関するご相談を社会福祉の立場からお受けしています。「福祉制度の利用方法や内容が知りたい」「医療費のことで困っている」など療養に伴う様々な問題点の整理をするお手伝いをいたします。また、当院への入院をご希望される方のご相談にも応じています。お気軽にご利用ください。
居宅介護支援事業所
野崎病院「居宅介護支援事業所」は、介護支援専門3名で、在宅で介護を必要とされている方の「介護全般に関する相談」「ケアプラン作成」「認定申請業務の代行」「入所施設に関する相談」などを行っています。
保健医療サービス、介護保険サービス、行政との連絡調整を行い、ご本人様、ご家族様、ご家族様の在宅介護を支援させていただきます。
施設管理課
私達施設管理課は、病院内の様々な設備の点検・修理・備品の作成や設置、外来ロビーや玄関等の清掃、そして敷地内の草木や花壇の管理等、病院全体のメンテナンス等をしています。
精神科訪問看護室
外来通院中の患者様とそのご家族が、地域で安心して生活を送れるように、その方のペースやニーズ(必要・要求・需要)に応じて、看護師や精神保健福祉士等が直接ご自宅を訪問します。本来の生活リズムを改善できるように“見守る・添う・支える”の姿勢で支援させて頂くことによって再発防止と生活の質の向上を目指しています。
 
    西館

西館1病棟
私たち職員は正しい知識を持ちケア能力の向上を目指しながら、患者様が社会参加できるように努めています。
西館2病棟
私たち職員は「目配り、気配り、心配り」をモットーに、人権を尊重した看護を行うために患者様の個別性を重んじたケアを心掛けています。
西館3病棟
高齢で介護度も高くなっていらっしゃる患者様に対し、心にゆとりをもって援助するよう努めています。
西館4病棟
精神障害に内科疾患を合併し治療を施す基準看護の病棟です。
私たちは心身の病を負った方々へ”笑顔”をモットーに症状の緩和に努めています。
西館5病棟
お一人お一人が安心してその方らしく過ごしていただけるよう日々心掛けることがモットーの笑顔咲く西館5病棟へようこそ!!
 
    東館

東館2階・3階部分
私たちは看護の専門性を高め、「個別性を重視した看護」と「温かい心のこもった看護」が提供できるよう心掛けています。

院内マップ
 ●画像にマウスを合わせるとそのエリアを拡大します。
 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 
 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 ●画像をクリックすると拡大します。

 

前のページへ戻る
ページの先頭へ
弘潤会トップページへ トップページへ戻る
一般財団法人弘潤会 野崎病院
〒880-0916 宮崎市大字恒久5567番地 TEL 0985-51-3111 FAX 0985-51-3114
個人情報保護方針 サイトマップ
Copyright © 2007 koujunkai Foundation. All rights reserved.