当院は宮崎県認知症疾患医療センター指定医療機関です

診療科案内CLINIC

  • HOME
  • 診療科案内

診療科案内

精神科

うつ病は早期治療が重要です。治療が遅れると、病状が悪化し治りにくくなります。その場合、生活環境の改善や家族を交えた充分な時間をかけての治療が必要となります。一方、統合失調症を中心とした精神病圏の疾患は、薬物療法の進歩と社会の変化に伴い症状が軽症化してきており入院重視の治療方針から外来治療中心へと方向が変わってきています。
当院では外来を中心として、医師、看護師、精神保健福祉士、公認心理師、作業療法士、理学療法士などの多職種がチームとして患者様を支援していきます。

  • 精神科訪問看護
  • 精神科デイケア「虹の丘」
  • 居宅介護支援事業所
    介護保険を利用ご希望の方の窓口です
認知症の診断と治療

認知症は物忘れから始まることが多いものの、日常生活ではあまり認識されずに過ごされることがあります。気づかれたときにはかなり病状が進行していることがありますので「ちょっと今までと違うな」と思われたらお早めにご相談ください。 MRI,CTを使った画像による診断となるべく早期の薬物療法開始が有効です。

認知症周辺症状の治療

認知症も中核症状である認知や記憶の障害をすべて改善する治療は現時点ではありませんが、介護でお困りになる、睡眠障害、物盗られ妄想、徘徊、介護への抵抗などは治療可能です。いずれの場合も早期の治療が重要です。

心療内科(ストレス外来)

軽症うつやストレス関連疾患の早期発見と治療を一貫した治療システムで提供します。
入院治療が必要な方にはストレス関連疾患専用の病棟があります。

対象疾患

軽症うつ、うつ病、パニック障害、
急性ストレス反応、社会不安障害(SAD)、
全般性不安障害、強迫性障害、
解離性障害、心気症、恐怖症など

  • 気力・気分の低下

      • 人と会いたくない
      • 眠れない
      • 物事に集中できない
      • 何事も悲観的になる
      • 学校や職場になじめない
      • 何をするのも億劫である
      • 何事に対しても興味がわかない
      • 檢査しても異常がないのに頭痛や胃腸の調子が悪い
  • イライラ・不安感

    • 怒りっぽくなった
    • 突然、動悸やめまい、息苦しさを感じる
    • 食欲がない、または異常に食欲がある
    • いつもそわそわして落ち着かない
    • 漠然とした不安感がある
  • 心理カウンセリング

    ストレス関連疾患の治療には薬物療法とともにカウンセリングを併用することが有効な場合があります。当院では専門の心理療法士が治療計画をたてて精神療法や認知療法などを行います。

上記のような症状がありましたら
ご相談ください!

内科

当院健診センターとの連携により、高血圧症、高脂血症、糖尿病などのメタボリック症候群、その他の生活習慣病全般にわたる治療(薬物、運動、栄養などの各種療法)。高齢者の入院治療(医療保険の療養病棟あり)

放射線科

最新のMRI・CTや超音波検査、バリウム造影などで得られた画像をもとに疾患の診断を行います。

歯科

口腔ケアを含めた歯科的管理の実施(歯科領域の一次診療、口腔外科領域)
口腔機能回復の実施(摂食、嚥下等)

  • 一般財団法人 弘潤会一般財団法人 弘潤会
  • 一般財団法人 弘潤会 野崎病院一般財団法人 弘潤会 野崎病院
  • 一般財団法人 弘潤会 野崎東病院一般財団法人 弘潤会 野崎東病院
  • 一般財団法人 弘潤会 介護老人保健視線 シルバーケア野崎一般財団法人 弘潤会 介護老人保健視線 シルバーケア野崎
  • 一般財団法人 弘潤会 画像・検診センター一般財団法人 弘潤会 画像・検診センター
  • 一般財団法人 弘潤会 アスレティックリハビリセンター一般財団法人 弘潤会 アスレティックリハビリセンター
  • デイサービス はつらつ佐土原デイサービス はつらつ佐土原
  • グループホーム ほのぼの小松グループホーム ほのぼの小松
  • 小規模多機能ホーム ゆらり芳士小規模多機能ホーム ゆらり芳士
  • グループホーム ほのぼの天満グループホーム ほのぼの天満
  • 小規模多機能ホーム ゆらり青葉小規模多機能ホーム ゆらり青葉
  • 友愛の里友愛の里